予定審査員のページに戻る


川上 恵子

川上 恵子

1955年 法村友井バレエ団に入団し、法村康之、友井唯起子、友井桜子に師事。バレエ団の全公演に参加し、ソリストとして活躍する。
1968年 法村友井バレエ団退団
1968年 川上恵子バレエ研究所を開設。年一回の発表会、吹田市文化祭その他の公演に参加。オーケストラによる「くるみ割り人形全幕」シャイニングアートを結成し、二年に一度の公演をする。代表作は深川秀夫振付による「ガス燈」などがある。2005年には吹田市文化振興事業団主催による「くるみ割り人形全幕」に協力。又、毎年、吹田市文化振興事業団主催の「バレエ&ダンスフェスティバルINスイタ」に参加し協力している。この吹田の他にも世界に翔いていけるバレリーナが育ってくれることを夢に若い芽の育成に心がけている。
1990年 大阪府文化団体連絡協議会より功労賞受賞
1998年 大阪府芸術功労大阪府知事表彰受賞
2009年 コンペティション21にて指導者賞受賞 つくば全国バレエコンクール指導者賞受賞
2011年 第一回わかやま全国コンクール最優秀指導者賞受賞
吹田市文化団体協議会 副会長
吹田市洋舞協会 会長
公益社団法人、日本バレエ協会関西支部 広報部長を務める。